スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2014年03月22日

メキシコ− 仙台宮城日本400年友好記念


皆様方、知っておりますか?
メキシコと日本の交流400年ということ。
そして初めてアメリカ大陸にもたらされた日本酒が伊達家の日本酒であったことを!

つまりメキシコは伊達家の日本酒がはじめてアメリカ大陸に上陸した地なのです。
それも400年前、しかも公式な外交団の酒として・・・・・

その両国のお目出度い祝いの盃式とし、『伊達家御家流酒道』のなかの"酒点前"による『祝杯式三献』が、宮城県副知事主催の晩餐会の席上にて行われました。
「式三献」は武家に伝わる食前における作法であり、お互いの消息を確認し、敬意を払い、友好を深める意味をもつものです。
この度は両国の更なる友好と発展の歴史が継承されいくことを記念するものです。

主賓はトーレス連邦上院アジア太平洋外交委員会委員長

伊達家十八代ご当主の執り成しにより、ローレス上院議員と三浦宮城県副知事による儀式と相成りました。

12-3分の儀式でしたが、両国の絆を深める素晴らしい機会となりました。


脇差しの小刀にて封を切ります。脇差しを差しながらの点前は酒道ならでは。


武士の伝統に則り、長柄の銚子にて酒を伊達家御家流酒道用"馬上杯"に注ぎます。
左に見えるお仕覆は"仙台平"にて特別に仕立てられたもの


右より三浦副知事、トーレス上院議員、伊達家当主。背後には伊達家之軍旗『勝色に金の日輪』


ご挨拶の後、「千称万歳(せんしょうばんざい)」の言葉に続き、全員「万歳!」と唱和します。


晩餐会殿全員での記念写真です。中央がトーレス上院議員夫妻。


日本酒のテロワールである"水"を見に泉ヶ岳山頂へ。メキシコでは雪が降らないのでトーレス上院議員夫妻共々大喜び。


トーレス上院議員、殿様酒の仕込にチャレンジ!


トーレス上院議員、旧上杉蔵の屋敷にて伊達家の兜をかぶり至極ご満悦のご様子。


トーレス上院議員がお気に入りの伊達家伝統の紫蘇酒に炭酸充填をしたスパークリング紫蘇酒で始まるモダン酒道ランチ。


市内で唯一の杜の都のトレードマークである"屋敷林"がある勝山館の庭園の蔵舞台の前で、トーレス上院議員夫妻とのショット。
偶然、勝山館にいた仙台藩作法の同門である和田政宗議員も食事後のカフェの合間にトーレス上院議員にご挨拶。
  


2011年01月28日

横綱meets殿様酒



昨晩の出来事です。

関西出身、ミッドタウン在住のエコ・ビジネスであるストーンペーパーを日本で普及しようと日夜奮闘している友人の計らいで、

最強大横綱 白鵬 殿に

日本酒最強タッグの『暁』と『元(ANA限定醸造)』をご賞味して頂きました!

「山盛りに美味しい!」とお褒めの言葉を頂戴いたしました。


山崎氏並びにイチロー氏、心より感謝申し上げます。
  


2010年10月19日

伊達家御家流酒道"初稽古"



夏から準備をしていた"伊達家御家流酒道"の初稽古にやっと漕ぎ着けました。

今回は"杯事""闘酒""酒宴"の三つを行いました。

約3時間半にもおよぶ長い稽古となりました。



"杯事"(さかずきごと)用の杯です。11段もあり、11段目で約1.5Lも入りますface18



"闘酒"(とうしゅ)で使用する兜です。



"闘酒"で使用するお試し用の前杯(まえさかずき)。

十月の玄猪(げんちょ)にのっとり小豆色の『暁』にて、利き酒勝負と相成りました。

天晴れなる戦ぶり、東軍おめでとうございましたicon21  


2010年09月23日

APEC酒道終了!!



たった今、APECのレセプションが終わりました〜

今までに無い"酒道"という切り口で、

仙台宮城の新しいPRに貢献出来る可能性が見えてきました!

やっぱり何でも積極的にチャレンジすれば新しい展開が見えてきます。

今回いろいろと反省すべき点がいっぱい出てきて、

実にイイ勉強になった!

やはり場数がものを言う世界。

次回はもっともっと上手くやるぞ!!!!!!

応援よろしくお願いします!

河北APEC関連記事→ http://www.kahoku.co.jp/apec/pdf/apec72.pdf  
タグ :APEC仙台市


2010年09月22日

APEC特別限定ボトル明日デビュー!



ジャーン!右のボトルがAPEC in 仙台のポスターをデザインした

仙台出身のNY在住のデザイナー、ケン・ヒコフ氏の渾身の作です!

ケヤキの葉に仙台の"S"を入れたスタイリッシュなデザインです。

仙台市×APEC×NYデザイナー×伊達の心意気=仙台ノ特別ラベル!

明日23日の日本APEC高級実務者会合 in 仙台 歓迎レセプションにて

初デビューを飾ります。

仙台観光PRとして"伊達家御家流酒道""Modern酒道"を

APEC議長他TOPの方々約30名(会場には230名)に体験して頂くという趣向。

日本酒が地域の観光・文化のPR資源として海外に紹介されるという画期的な大事件です!

日本酒の新しい伝説は、他の何処でもない、ココ仙台宮城から今、動き出す!

P.S. 出陣式後の七十七銀行マッチデーゲームみちのくダービーにて、
見事!我らがベガルタ仙台は宿敵山形モンテディオに2−0で大勝しました!
山形に勝つ山のように大きく勝つ勝山での出陣式は効果テキメン!
戦勝万歳!エイエイオー!エイエイオー!エイエイオー!  


2010年09月22日

明日APEC酒道デビュー!!!!!!


(写真は先週末に行った靖国神社に展示されている零戦。超カッコイイです。しびれます!たとえ兵器であっても造形の美を追求したきめ細かいデザインには流石はニッポン!としか言いようがありません。)

いよいよ明日出撃です〜!!!
icon21

2010年日本APEC高級実務者会合 in 仙台

"歓迎レセプション"
の壇上にて

仙台の観光PRとして「酒道」をご披露するという最高のステージを用意して頂きました!

たぶん、APEC始まって以来の「酒」をテーマにしたの観光PRではないでしょうか!

もう、ワクワクして今晩寝れないかも・・・・・・



P.S. 宮城県はTBCにて明日23日木曜日の13:55分から一時間の番組

"うまいぞ!東北。みちのく味の時間旅行"

塩結着の完全無添加ソーセージ&勝山の殿様酒が紹介されます!

是非!見てね!  


2010年07月26日

NHK29日木曜18時から放映の巻



写真は22日見事に男子を授かった拍手”<span style=和田政宗殿

先日、NHKの和田政宗氏が『伊達な酒の飲み方』に体当たりでチャレンジしました!

その模様が、

29日木曜日18時からのNHK(宮城県ローカル)「てれまさむね」の

「まさむねが行く」コーナーにて放映されます!




和田政宗殿、広瀬川にて天然鮎を釣る大殿をビデオ撮影している様子の古写真ジェネレーター



もちろん釣り上げ立ての鮎は塩焼きにし、江戸時代の習いで「酒酢」で食べます

和田政宗殿、お腹を満たした後は・・・・・

伊達家伯記念会にて、初!!伊達家御家流酒道を体当たり体験します!




写真は『闘酒ノ儀』が終わったところの写真。

和田政宗殿に一体何が起こったのか!

体当たりレポート風景を是非チェックして下さい!

7月29日 夕方6時から

NHKの「てれまさむね」の

「まさむねが行く」のコーナーですよ!

必ず宮城県の酒道ファンは必見のこと
icon21





  


2010年07月11日

【酒道具】仕覆(しふく)〜精好仙台平



仙台伊達家 御家流 酒道に用いる酒杯を包む仕覆(しふく)がどうしても要るので、

ここはやはり、仙台と言えば!ココ!しかない!

着物を着る人なら誰一人、その高名を知らない者はいない!

此処仙台には、江戸時代から典雅な趣を愛した格式高い武士の間で天下一、

日本一と誉れの高い袴(はかま)仙台平(せんだいひら)也と賞賛やまない絹織物がある。


仙台平であるicon21

上の写真は重要無形文化財「精好仙台平」技術保持者の甲田氏との貴重なツーショット!


今回、甲田氏とお嬢様方の手により、酒道専用馬上杯用の仕覆をお願いしました!

馬上杯は同じ上杉にある漆器「玉虫塗り」↓


甲田氏より3種類の異なる生地の提案をして頂きました。


もう少し上から見ると


携帯の写メなので、良く見えませんが、

手触りが凄い! きめ細かくてもしっかりハリがあり、流石は袴の最高峰 仙臺平!

しかも、中に馬上杯が無くてもしっかりと立つ。

これは仙臺平が生糸の性質を最大限に引き出しているという特徴が活かされているためで、縦に対してピンっと張っている。

「織風合」「織味」「織香」そして「気品」と「艶」。

仙臺平でなければ味わえない最高の織物ならではの良さです。

また、仕覆自体も袴を彷彿させるようなデザインで、手にとって持てば持つほどに愛着が湧き、

ついつい仙臺平の袴が欲しくなってしまうほどの衝動に駆られます。

今回、第一回目の注文に当たり、伊達の大殿に選んで頂きました




大殿好みのこの仙臺平は、仕舞いを舞うときに着用する大変珍しい格上の仙臺平

注文に際し、紐と裏地も紫に統一します。

仕立ては京都で、という贅沢なつくりです。

仙台が世界に誇る最高峰の仙臺平とのコラボレーションは本当に興奮します!

仙臺平 ホームページ↓
http://sendaihira.jp/index.html

仙台伊達家 御家流 酒道を通して、

仙台の伊達男たちにもっともっと仙台平の袴を着けるステータスなシーンを提供したいと思う次第です。