スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年07月02日

仙台流 酒道 meets 焼鳥!!! 編


センダイ自由大学スタッフ関係者向け酒道講座♬

一昨日、炙屋十兵衛二日町店にて「酒道」講義開催しました。

佐藤店長おつかれさまでした! この場で御礼申し上げます。face02

さて、「酒道」焼鳥編は新しい食と日本酒のマリアージュのアプローチが登場しました!





酒道の極意「PROACTIVE SAKE MATCHING」(略してPASM)です。





なんだか聞き慣れない言葉で申し訳ありませんが、このPASMが理解できると食事がより一層楽しくなり、興奮に包まれます!






仙台伊達家の始祖伊達政宗公はこう言われます





「少しも料理心なきは、つたなき心なり」




つまりPASMは宮城の日本酒の始祖の言葉を継承した流儀なんですね!





今回の焼鳥では、このPASMがスパークしました!






具体的にはこうです。






つくね焼き+黄身の場合、前もって黄身に日本酒を垂らして、日本酒の風味と下味を付けておきます。






すると、その後飲む日本酒へと香味と旨味の風味のリレーが完成します。





今までは一方的に与えられた食材と勝手に自分が選んだ日本酒とのマッチングを後づけで楽しんでいました。




これではいつまでたっても、自分の体調、雰囲気、酔っぱらい度、満腹度などに左右され、結局は個人的嗜好で片付けられてしまいます。




いつまでたっても真理には近づけません。








PROACTIVE(前もって、予めの意)に日本酒を調味料の一種と捉え、

予め食材に風味を付けておく事で、そのあと口にする日本酒へと

食材の旨味と風味を誘因し、味と香味のリレーの図式を構築しておくというもの。






実際にやってみると結構深く、かなりハマります。自分の味覚と食材の美味しさ、酒の凄さに陶酔することウケあいです。






さて、センダイ自由大学 宮城日本酒PR学部の講義は7月14日 第二回目開催です。

 →お申し込み/詳細はコチラ→ www.s-jiyudai.org/

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 11:35Comments(4)仙台流『酒道』