スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年08月19日

絶技!伊達な贅沢♡花咲け(花酒)



バラの花びらのサイフォンです!face08




サイフォンとは、よくコーヒーを入れる時に使用するものです。



一般には、下のビーカーで熱せられた液体と気体が膨張し、気体に液体が押し上げられ、上の瓶に上がっていきます。

用意されたコーヒーと混ざったところで火をとめる。

それまで膨張していた気圧が下がりコーヒーとなって下のビーカーに戻ってくるという仕組み。



伊達政宗公が楽しんでいた花酒を現代風にお洒落に再現したい!icon09




そこで考えたのが、勝山「暁」(四合瓶1万円純米大吟醸)とバラの花びら(白、ピンク、深紅各一本づつ)で名付けて『薔薇咲け(酒)』を試みました。




それにしても、『暁』の吟醸香の香りは立ち方が早いトップノート、対して薔薇はゆっくりのベースノート。




サイフォンの途中、薔薇に酒が到達し、ジワジワと二つが混じり合っている時に上から匂いを嗅いでみます。


吟醸香と薔薇の香りの組み合わせは正に!『贅沢』そのものでした♡icon14




サイフォンを終了して、まず香りを見る。 



熱燗状態なので、『暁』のアルコールで、匂いを嗅いでる場合ではありませんでした。





そこで、一工夫しました。




ハーブティーでは常識ですが、香りと味を一致させる為の手法として砂糖を使用します。




砂糖を少々入れてから、冷蔵庫で冷やしました!



出来上がりはコチラ→






PADRINO del SHOZAN及び宮城調理製菓専門学校アカデミーデュヴァンの三浦主任講師にも試飲して頂きました。




驚きの香りと美味さでした!!!!!!




また、新たな日本酒の楽しみを見つけてしまいました拍手

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 11:45Comments(7)仙台流『酒道』