スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年10月31日

カルボナーラ&酒〜パスタは日本酒!〜



スパゲッティーカルボナーラの新しい魅力を発見しました!



もちろんお相手は『暁』です。


『暁』16号タンク 宮城B1/B2酵母



この日はイタリアンを頂きながら、将来の『暁』の方向性を兄の平蔵と共に検討会を行っておりました。


ちょうど4日前では懐石料理を頂きながらの検討会。


カルボナーラに『暁』を垂らす

日本酒は口内での旨味伝導率を上げます

そして「暁」を飲み、口内の旨味コンディションづくりをおこないます。

そこに『暁』を垂らした部分のカルボナーラを口に運びます。

口に入れた一瞬、旨味が! 広がります。

続けて『暁』を飲み、後味のアフターテイストへの旨味をつなげていきます。

至福口福のひとときです。


ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 08:11Comments(1)仙台流『酒道』

2009年10月30日

天才パティシエ辻口氏 酒道初体験の巻



天才パティシエ拍手 辻口博啓氏との2ショットです。

手に持っているのは限定品の『元』。



ブログはコチラ→ www.h-tsujiguchi.jp/blog/


辻口氏が宮城調理製菓専門学校にてパティスリーの講義のため来仙。


講義前日に日本料理 醇泉にてお食事。


せっかくだからと校長の勝平兄からプチ『酒道』やったら!との誘い。


突然押し掛けてのプチ酒道講義に何も聞かされてない辻口氏、ちょっと面食らった様子。


それでもさすが天才!直ぐに「酒道の壺」を理解。拍手


やはり天才は頭の構造が違います!icon14


最後にタマゴ酒を辻口氏の試作に使用したいとおっしゃってくださいました。


ひょっとしたら来年あたり、天才パティシエと元祖タマゴ酒のコラボ実現できるかも〜!!!!!


本当に良い出会いでした。拍手

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 00:05Comments(1)仙台流『酒道』

2009年10月28日

ダイヤモンド&酒



昨日、東京は銀座の料亭で行われました

超高級宝石店 Van Cleef & Arpel (通称ヴァンクリ)主催の

日本酒ディナーに参上!






宮本亜門プロデュースのお店で、中国からのV.I.P.がこぞって来日!!!


ディナーでは著名な酒ジャーナリスト ジョン・ゴンドナー氏が日本酒のプチレクチャー&解説を熱演!


もちろん勝山『暁』は大ブレイク!!!


日本酒で大いに盛り上がりまくりました!!!!!



日本酒はダイヤモンドのように美しい!」



ヴァンクリ代表のベンジャミンさんもご満足でした。

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 16:35Comments(0)日本酒

2009年10月26日

世界二大珍味酒〜松茸と白トリュフ酒対決その1

今日、芋煮会の席上での話。

「ヒレ酒もいいけど、松茸酒と白トリュフ酒、今の季節の世界二大珍味対決面白そうじゃない!?」



上記は、岩手県産松茸


対するは、



白トリュフの写真が無かったので、とりあえずサマートリュフの写真です。



世界頂上対決は、国産松茸と、イタリア産白トリュフ(50万円/kg)でしょう!!!!


早速ルールを考える。


ひと立ち沸かせた日本酒に、

1)生のまま

2)炭火にかけ、香ばしい状態

で入れる。

ふたをして5分蒸らす。


はたしてどちらが美味いか!


採点基準ですが、

1)日本人としての味覚

2)国際的にどちらがインパクトあるのか

3)本質的にどちらに軍配が上がるか


来週には実験しよっと!?


はたして、どちらが究極か!?


乞うご期待!  


Posted by 勝山 at 01:05Comments(3)仙台流『酒道』

2009年10月24日

着物SHOW〜ファッションウィークin日本橋



着物SHOW〜きもの、和、日本の美〜Fashon Week In日本橋に行ってきました!


場所は日本橋のマンダリンオリエンタルホテル

主催は日本染織博覧会開催実行委員会。


今回の楽しみはといいいますと、着物ショー一番のモデル、雑誌モデルではピカイチのベテラン、秋山あかりさんです。


出てます出てます。


あかりさんは親しい友達の友人で、私もちょっと会ったとこがあります。かなりシックでカッコイイ女性です。

秋山あかりブログ→ http://akiyama-akari.modelbk.com/


早速応援です!といっても観てるだけですけど。。。。。あかりさん、やっぱりダントツの貫禄とオーラです拍手


今回の着物SHOWは、ショーモデルにしっかりと日本の振り付けをして、映像と音楽をミックスさせた意欲作品!


数々の国内外の有名デザイナーのショーを手がけてきたSUN DESIGN 研究所が気合いを入れてのショー!!


タップリ見応えのある一時間でした。




終わった後は、打ち上げです。


ビュッフェの中では、やはりマンダリンホテルの名物カレーが一番美味しかったです拍手



眼福、満腹の一夜でしたface05

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 17:15Comments(1)ファッション

2009年10月23日

ヒレ酒!!季節到来〜最高のヒレ酒を求めて〜



そろそろ季節到来♡ヒレ酒ファンには最高の季節になりました!


そこで沖縄からの友人2人と勝山×ヒレ酒の相性を実験しました。

今回は炭焼きしたヒレが温度帯の違う酒にどのように交わっていくのかを見るため、

一番米の味がストレートに出ている勝山 特別純米 『縁』を使用。



第1候補 冷酒+適度に備長炭で焼いたヒレを入れる。

     →ただの酒


第2候補 冷酒+こんがり焼き色をつけた香ばしいヒレを入れる

     →なんとなく香ばしい香りが。。。。。でもビミョウ


第3候補 35度人肌燗+香ばしく炭火焼のヒレを入れる

     →すこしはそれらしくなって来たか!。。。まだまだビミョウ


第4候補 45度ぬる燗+香ばしく炭火焼のヒレを入れる

     →5分以上おくと、それなりにヒレから風味が出てはくるが。。。。。。。ん〜〜〜


第五候補 直火で加熱し、ひとたち立ったらすぐ火から外した酒+香ばしく炭火焼のヒレ+マッチで火をつける

     →一般的に行われているヒレ酒。たしかに今迄で一番良いが。。。。火でアルコールを飛ばした分、ヒレ出汁っぽい。

      勝山は旨味と甘味が十分のっているので、ヒレの滋味を過剰に引き出してしまう。

      いっそのこと、お茶漬けに出来るのでは!?というぐらいヒレ出汁になってしまった。


第6候補 直火で加熱、ひとたち立ったらすぐ火から外した酒+香ばしく炭火焼のヒレをジュっと入れる ※火はつけない。

     →酒の旨味、アルコール感、ヒレの滋味、香ばしい焼香、すべてのバランスが一番良し。

      5分以上経つと、結構ヒレの滋味が出て、色も緑がかった黄色を帯びてきます。



      こりゃ一番良し!と日本料理 醇泉の大友親方も含め満場一致。拍手


で、勝山の旨味フィット系の純米酒の場合の「ヒレ酒のルール其の一」

結論icon21ヒレ酒は火をつけるべからず。

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 00:25Comments(0)仙台流『酒道』

2009年10月20日

ソムリエ試験突破!〜ソムリエ蔵元誕生!〜


ポチッとお願いします!→ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


本日ソムリエ二次試験の合格者発表がありました!


やりました!合格ですicon09


これでソムリエの仲間入りです!


今年8月にはSSI認定『唎酒師』にも合格しました。


ということは、、、、


日本で稀な戦国大名の系譜を受け継ぐ仙台伊達家御用蔵の12代目蔵元で、SSI認定唎酒師で、JSA認定ソムリエで、


そして日本語、英語、フランス語を話せて、(イタリア語は観光旅行程度)


ワインは2万5千本の70-80年代ブルゴーニュ/ボルドーのコレクションがあり(@勝山館)


ブルゴーニュのメルキュレーに6ヘクタールのワイン畑を所有し(宮城調理製菓専門学校所有)


仙台、東京、パリ、フィレンツェにてレストラン店舗のプロデュース/運営/サービス経験アリ、


という経歴になります。


これは、今後『仙台流 酒道』を通して『驚き発見のある日本酒遊び』を提唱していくためのバックボーンとなっていきます。


正直、親には十分見聞を広げ、度胸試しのための勉強をかなりさせてもらった。


これからは親の投資に十二分に応える自分になりたい。


そして確実にこの地球という地面にしっかりとした根をはって大きな花を咲かせていきたいicon21


日本人が誇る日本文化の先鋒を務め、全うしたい所存である!!

ポチッとお願いします!→ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
  


Posted by 勝山 at 20:11Comments(6)ソムリエ

2009年10月19日

トップモデル&勝山〜The Models 2009〜



日本を代表するトップモデルの富永愛さんと勝山『伝』カクテル!!!拍手


icon06富永愛さんは5杯以上もおかわりして頂き、大変お気に入りのご様子!!


今日から始まるJapan Fashion Week in Japanに先駆けて、

次世代を担うモデルの発掘を目的としたファッションショー


The Models 2009

ファッションショー後の関係者とのレセプションに勝山参加しました!




勝山企業社長で五男の白くま泰平君も着物姿で参加icon21





若いモデルを中心にして150人と関係者50人、合計200人以上が青山の会場で盛り上がってます!

この日の勝山ブースでは2種類を提供。

1)純米大吟醸『伝』カクテル:ジンジャーエール、レモンピール

   これが!日中トップモデルに大好評拍手でした!

2)『伝』ストレート


今回で大変興味深い発見が一つ!


「一流は一流を知る」


一流の人ほど『勝山』を美味しい美味しいと、スパークリングワインを尻目に何杯もおかわりしておりました。




中国の最大手のモデルエージェンシーの超売れっ子トップモデルの『モー』さん


モーさんも富永愛さんと同じくらいに何杯もおかわりしており、『勝山』の大ファンになって頂きました!


コレからはドンドン!日本のファッションシーンに突撃し、

トップモデル御用蔵として張り切る所存です!


ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 16:45Comments(3)ファッション

2009年10月18日

三ツ星ノ拉麵★☆★〜五福星〜



拍手堂々三ツ星のラーメンです。


五福星(う〜ふ〜しん)のオーナーシェフ早坂氏とお腹周りを競ってのSHOT!



かねてからラーメンのレベルには非常に疑問を持っていた私が唯一納得!のラーメンです。


麺、具材、スープ、餃子、ごはん等等、全ての点に置いてフランスの星付きシェフ並みに考え尽くされて完成されたラーメンです。


そしてオーナーの早坂氏、貪欲に素材の物理的特性にまでこだわった科学的検証をしているところも今流行の分子料理さながらを実践しております。


たとえば、、、、


ぬちマースという塩、


世界で一番ミネラル分が多い塩。


前提として、人間の脳は自分の不足している物質を無意識のうちに感知し、無性に欲しくなり、食べ、満足する。


現代人にはミネラルバランスが一番欠如している。


ぬちマースをドサッと入れた麺を造る。


茹でる過程で、浸透圧により塩分は麺の外に出るが、ミネラルは麺に残る。


つまり、世界一ミネラル分が多い麺となる。


半年以上、ぬちマースを入れている事を伏せて営業し、お客の反応をじっと見守る。


確実にぬちマースミネラル強化麺の方が満足度が高い!!!


やはり、現代人はミネラル不足なんだ!


狙いは当たった!と実感したそうです。


という具合に早坂氏は地道に積み上げていくラーメン造りに地に足つけて取り組んでいます
拍手


A級グルメ、B級グルメではない!


料理人、職人の「本懐を遂げる」に尽きる、


どこまで自分を掘り下げ、試し、見極め、極めて行くかであるicon21





本物の星付きラーメン★☆★が仙台にあるんだ!と、すっごく嬉しくなった夜でした。



今度センダイ自由大学にてラーメンvs日本酒講座を企画しようっと!

五福星(うーふーしん)
022-218-5869
仙台市泉区野村字馬場屋敷11-2

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 08:56Comments(0)グルメ

2009年10月13日

究極ノ秘密兵器〜遠心分離器〜



JAXAの人工衛星ではございません。


勝山の究極ノ必殺必勝之秘密兵器『遠心分離器』!!!!!icon09


日本でも数える程しか導入されていない遠心分離機です。


まるで、漫画の『アキラ』にでも出てきそうな、見ようによったら人工衛星みたいな遠心分離機。


別の角度から見てみましょう!





地球防衛軍のレーザー砲みたいです。



実はこれ、洗浄用に上部カバーをエアポンプで開けたSHOTです。



かなりレアなSHOTです。



遠因分離器って何の為に使うの?



よく尋ねられる質問です。



実は搾りの作業において、究極的に綺麗で透明感を出すため最高到達点がこの遠心分離機で搾る『遠心しぼり』


はっきりと申しましょう! 其の絞り、「別格」である。




通常は年、たったの2回×48時間しか使わない、超高額機材。


今年の仕込みはスゴい!!7回×48時間を予定!!!拍手


少しは元取れるかもface07



勝山では、勝山のフラッグシップの最高級酒『暁』(四合瓶で1万円)にのみ使用しております。



日本中で、「遠心しぼり」を蔵一番の最高級酒として位置づけしているのは勝山しかありません。



理由は明確です。



勝山を超えるのは 勝山『暁』しかなく、また『暁』も次のステージの夜明けでしかすぎない。



日本酒の常識を超えた存在になることを肚に決めたからこその掟破りのチャレンジです。




話が前後しますが、『遠心しぼり』と他の搾り(あらばしり、雫酒、袋絞り等)との明確な違いは以下の通り:

1) 透明感と純度がもたらす「のどごし」のキレが圧倒的

2) 高純度だからこそ、旨味の余韻がずば抜けて長い。

3) 料理とのマリアージュは圧倒的。日本酒で『暁』以上は『プレミアム暁』のみ。

4) 小売価格5万円以上のワインでフレンチ/イタリアンと張り合える唯一の日本酒

5) 飲み方のスタイルの自由度(温度帯、香り酒、割酒、出汁割酒、花酒等)が高い、万能タイプの酒

6) 一体感と包み込む力が在る。 シャンパンの瞬間ビンテージ技、出汁酒等

7) 香道と同じ、喉と胃で味わうからこそ、本領を発揮する

8) 飲む速度が3倍早い(シャアか!?)。うっかり飲んでると自分の限界を超えている。

9) 香り-甘さ-旨味-キレ-後味の良さ-余韻の長さの全ての「まとまり」と「一体感」が圧倒的

10) 液体のダイヤモンド。初めの一口と最後の一滴が同じ味わいで楽しめる。輝きが最後まで失われない圧倒的な輝き!



でも実は、上記の事を成し遂げるだけの酒質にするには、実は『遠心分離器』を導入しただけでは実現不可能なのです。



1)遠心分離器にかける前の然るべき作業と仕込み→2)遠心分離器自体の性能/仕様→3)使い方のノウハウ→4)遠心分離器使用後の然るべき処置





さらに今期は『暁』を超える『暁』が出来る予定です。急上昇の進化です。



改善点は1)と3)。



来年発売される『暁』の一万円はバーゲンセール並みにお得で安いと喜ぶぐらいの酒質に向上します!



来年の今頃は、勝山は別次元の酒を醸す蔵元となっております。


誤解の無いように申しますと、勝山は日本酒の新しい扉を開く事となります。


いままでの日本酒の偏狭な価値基準の枠を飛び越えた、


今の味覚と感性、ファッションにフィットした新たな日本酒を醸します。

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 23:09Comments(0)日本酒

2009年10月10日

渋谷de勝山♡ @公界



日本酒をワイングラスで楽しむ事に徹底的にこだわっている男がいる。東京は渋谷、公界店主 木村さんである。拍手


公界HP → http://news.kukai.biz/


この日は公界ファンが大集合!!リーデル大吟醸グラス x 木村さんのこだわり x 勝山です。



先ずは木村さんが何故そこまでワイングラスにこだわるか!!の熱いトークicon05



リーデルグラスでの正しいテイスティングをレクチャーicon09



リーデルの歴史まで熱弁。大変勉強になります。



ココまでで約1時間はゆうに過ぎていました!


リーデル大吟醸グラスに注がれてたのは、特別純米『縁』(現在売り切れ。次回出荷12月末)


そこで、せっかく東京の皆様と交流出来るという事なので、『暁』を登場させました!!!!!


皆さんの、特に女性陣のウットリ顔はステキです。


その場で『暁』の注文が入りました!?親指


会が終了した後も、参加者と談笑。楽しいひと時を過ごす事が出来ました。


熱血木村さん、年内中に仙台でも銀座でもイベントを行うそうです!要チェッ〜クicon14


木村さん、とても有り難い機会を頂き、改めて御礼申し上げます。拍手

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 23:12Comments(2)仙台流『酒道』

2009年10月10日

地酒大SHOW〜冬の陣



10月8日 飯田橋 ホテル エドモントンにて

“地酒大SHOW〜冬の陣" にブースを出してきました。



写真右は「女唎酒師軍団」宮城県代表の早坂女史♡icon09

我らが熱血おっかぁ〜ですicon21




主催はSSI。唎酒師や酒匠、焼酎アドバイザーの教育、資格取得、普及に尽力を尽くす団体です。



勝山は4回目の出店。



全国から100近くの有名蔵元がブース出展。


皆、当たり前ですが、自社のお酒のPRに必死。


しかし勝山ブースはというと、酒のディスプレー一切無し。まったく飾らずに一番シンプルなブースとなりました。


『日本酒 vs ワイン』と銘打って、


出汁とフォンドボーを準備


白、赤ワイン(フランス 2002年ボルドー産)を用意。




料理とのマリアージュの基本のデモンストレーションに全精力を傾けました。




今さらわざわざ、「勝山は美味いです!」と語る必要も無いので、



それよりもicon14健全でかつ論理的な日本酒の理解を促し、正しい日本酒の見識の普及に努めようと決心しました!



蔵元の責任として、これからの健全なマーケットとファンの育成の為にひとり、立ち上がりました!!!



盖をあけたら、4時間しゃべりまくり!!!!!!face18



ブースでは驚きと発見の渦でした!!!!!!!


アメリカやフランスのお客様から拍手喝采も頂きました!




日本酒はまだまだどくろ未開拓ゾーン!



やはり、自分が出て行かなければ行けないと確信しました!



日本酒ファン&これから日本酒ファンにもっともっと日本酒の魅力を伝道していきます親指

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 00:55Comments(2)仙台流『酒道』

2009年10月05日

ピッザ×勝山!!仙台発世界初!!!!



センダイ自由大学 「ハレの日記念行事」 日本酒のハレ舞台!

題して『ピッザと日本酒のハレ舞台』拍手

@PADRINO del SHOZAN (仙台勝山館内のダントツ東北No.1♡イタリアン)


結論から申しましょう



断言します! 日本酒とピッザの相性は最強である!







今回は日本酒とピッザの「旨味」にどう効くか!というレクチャーがあり、その後日本酒にあうピッザ2種類食べて頂きました!



「旨味」の基本は『旨味のかけ算』




異なった旨味を追加する毎に、足し算でなく、かけ算的に旨味が増していきます!




ピッザの長所は、450度もの高熱で、鮮度の良いまま一気に焼上げる事です。


つまり、素材の旨味を引き出す「450度瞬間火入れ」×「異なる旨味のかけ算」が成立します!


さらにその美味さを口に入れたとたんに増幅し、後味と余韻に旨味を乗せるのが日本酒の役目



もう、ワインやビールの出る幕はありません!



1枚目 勝山純米大吟醸『伝』× トマト系ピッザ 

ピッザのトッピングは以下の通り

-舞茸ー『伝』にマリネし、酒の風味をつけた

-サルシッチャ(イタリアソーセージ)ーアンチョビソースにマリネ

-水牛のモッツァレラチーズ

-完熟プチドライトマト

-バジル

皆さんビックリの美味しさ!

素材に日本酒もしくは日本酒に良いアンチョピを仕込んでおく所がポイント!


2枚目 勝山 元禄仕込 濃蜜薫酒『元』×4種のチーズピッザ

トッピングは以下の通り;

-『元』と蜂蜜&白トリュフのシロップ

-ゴルゴンゾーラチーズ

-ペッコリーノチーズ

-パルメザンチーズ

-モッツァレラチーズ

-胡椒


皆さん予想を遥かに超えた美味しさに驚愕!

『元』×蜂蜜×白トリュフオイルの仕込みが最大のポイント!


美味しいピッザと日本酒の後は、


二人一組になり、自分で食べたい日本酒専用のピッザ作りです!






もう、てんやわんやの大騒ぎ! 二時間なんてあっという間。異常なくらいに皆はしゃぎました!



また、BGMに松島からオルゴールがやって来て、更に進行を盛り上げて頂きました!



参加者全員、日本酒とピッザの虜になったようで、今後の更なる可能性が見えてきました拍手

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 23:40Comments(3)センダイ自由大学

2009年10月04日

ソムリエ試験前夜


ポチッとお願いします!→ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村


明日!icon09ソムリエ二次試験です。


明日月曜日朝9時50分から開始です。


口頭試問からはじまり、テイスティング、最後にソムリエ実技の三段階あります。


なのに、今週は東京を4往復しました。


正直、毎日勉強30分くらいしかできてない〜!!!!!


で、今晩は最後の確認として一気にテイスティング練習です。


白ワインで7種類、赤ワインで12種類一気飲み!


一人でやるのも面白くないので、センダイ自由大学メンバー6名お誘いして全員でテイスティング。


実は今日はセンダイ自由大学「ハレ」の日企画拍手


日本酒のハレ舞台ーナポリピッザと日本酒講座を行いました。そしてその後にこのテイスティングです。


皆さんに一応サッとワインの葡萄品種の特徴を説明し、試飲し、確かめる。


締めは、ソムリエ試験のように3種類選んでもらってのブラインドテイスティング。


皆が見ているので、結構緊張〜!!!


結果全問正解でオッシャーちからこぶ


明日の自信へとつながりました!




正直、二次試験は一次に比べて勉強時間は四分の一も出来てません。



でも、明日は記憶力と度胸で頑張ってきます!

ポチッとお願いします!→ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
  


Posted by 勝山 at 22:56Comments(4)ソムリエ

2009年10月03日

「暁」エスプレッソ!?前代未聞伊達技!



「暁」エスプレッソ!?です拍手



ほんのりと甘い風味がお好きな方には『元』エスプレッソがオススメ!face05



『暁』をエスプレッソに入れると!なんと『スッキリ』した『キレ』が出ます!


すっごく洗練されます。




いつもながらに『暁』の一体感には驚かされますが、まさかカフェまで。。。。。。。!!!



味わいのメカニズムはこうです。



実は今回の『暁』は特別! 知る人ぞ知る『プレミアム暁』(30,000円 720ml)



口の中でフワッと広がる!特性を持っております。


コーヒーに入れると深いコクに『プレミアム暁』のフワッと広がる特性が加わります!


深いコク+フワッと軽やかに広がる『キレ』


この発見は実は私ではなく、伊達家十八代御当主でした。


伊達十八代御当主は以前、カスタードプリン味タマゴ酒の際も、カステラをそれでヒタヒタに浸して


ホイップクリームとともに頬張る、名付けて『伊達十八代』デザートも考案なさっております。


かなりのアイディアマン。ズバリ伊達男です。





昨晩の朝日新聞です。よく見ると写真で出ている?????



センダイ自由大学、最近「注目」されています!!拍手

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 07:49Comments(2)仙台流『酒道』

2009年10月02日

伊達月見 お供え物     



昨晩は十五夜のお月見前の十三夜。

伊達 朝宗 公(だて ともむね 1129-1199年)の掛け軸の御前にお月見のお供え物を上げてきました。



約半年ぶりのお茶のお稽古face07でした。


お殿様の前での平手前。。。


頭が真っ白になってしまいました。。。。。。


普通、ここまで頭真っ白状態ってそうそうないです。


ある意味かなりのストレス解放かも!?


究極の『無』の状態???face08


私の不細工なお手前に流石のお殿様もかなり苦笑face07されておりましたが、


お殿様が書かれた、ドンピシャ!でカッコいい『戦勝正宗』の書 & 金の日の丸に勝色の伊達の軍旗のラベルデザインには大変ご満悦でした。拍手



お殿様、明日の十五夜のお月見で『戦勝正宗』を楽しまれるそうです。



『戦勝正宗』の販売は年内中に開始。

蔵元ー酒販店ー料飲店の三者が一体となり、

料飲店で最高品質、最高状態の日本酒をお客様に飲んで頂こうという前代未聞、業界初の取り組みに挑んでおります!!

三位一体となり消費者の皆さまに『抜栓後鮮度』を保証する

基本的な日本酒の状態の確認を怠らず、保管状態をしっかりとした管理を行い、

お客様が口にする迄の『鮮度』の保証を確約―品質のコミットメントするー

品質保証の優良店舗でしか扱えない厳格な掟作りである。 

もちろん掟破りは取引停止の厳しい処分。なぜなら日本酒を貶め、お客様を誤摩化したという商いの基本に反するからかです。

なぜなら!!

真っ当に美味すぎる純米酒だからこそ『抜栓後鮮度』が肝心。

『戦勝正宗』もちろん米は仙台宮城の『ひとめぼれ』55%精米 雫酒 究極の特別純米酒です。

天才杜氏 35才 若きカリスマ 後藤くんのブレ無い、王道を行く酒質の完成度にはド肝を抜かれます!icon09

つまり、酒造適合米ではなく、一般に馴染みのある食用米でのこの究極の完成度の域に達した美しい酒を

抜栓後、長期間出し入れされ、蒸留酒のようなほったらかしの無関心すぎる扱いによる、

過度な酸化、過熟、変質による『不細工な酒』をお客様にお出しするという失礼失態が無いよう、

実直に、正直に、きちんと当たり前に品質を管理出来る、数少ない超優良店のみでの取扱って頂くというものです。

同時に『戦勝正宗』を置いてある店というのは蔵元と酒販店から『本物』を『本当』に売れる『信頼』の出来る店の『証』。

消費者にとってはそのままズバリ『酒の品質保証と安心&信頼』の『証』となるのです。


ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 09:24Comments(5)伊達家行事

2009年10月01日

講習会の難しさ



左から、山田錦→五百万石→神力→山田穂→雄町の稲穂の大きさ比較 at 本田商店(龍力)


今日の主題;比較するとよくわかる!の巻


上記の写真で言うと、山田錦は120cmほどあります。 また根っこも同じ長さがあります。


結構比較すると「へぇ〜」と一見にしてわかります。 なぜなら比較対象があるからです。


ワインと違い、日本酒の場合は色が透明、香りも幅や厚みが無く、それでいて口の中の味わいも穀物なので分かりにくい。


ワインはフルーツ、印象に残り易いし、美味しく感じ易い。初心者でも比較的わかりやすいかも。


ところが日本酒の場合、単に口の中で味わうものではなく、


喉で味わう、余韻で味わう、調味料として味わう、飲み続けて味わう、料理の進行とともに味わうというように


ただのテイスティングでは見えてこない、非常に怪奇複雑な酒である。



しかし!ここからワイン等、他の酒との違いが明確になる。


比較すると、瞬時に分かってしまう!


ほんのちょっと口にするだけで、格下の酒は頭ではなく、カラダが拒絶する!!!


しかも、例外無く、素人からプロ迄一発でわかる!!!




しかしながら、講習会ではこれが出来ない。



なぜなら、時間がないからだ。

見えてくる迄の十分な体験、訓練、学習、頭の整理をこの短時間では不可能である。



初めに書いた通り、いわゆるワイン的なテイスティングや、ちょっと飲んだだけでは日本酒の真価はわからない。



また、香りや味わい以外での部分で一番圧倒的なパフォーマンスを発揮できるのに、


講習会では1合も飲む事が出来ない場合がある。


そもそも1合程度の量は、本人の好みや経験からの趣向が一番左右し、完全に目を開いて見てません。


自分の中の中途半端な固定概念にまだ縛られています。


ところが2合から3合ほど飲み進んでいくと、頭ではコントロール出来ない身体の反応があります。


ここがポイントです。例外無く全ての身体は自然で、かつ本物を求めます。


実際に講習では、私の場合ワインと日本酒の比較はしますが、まだ他の日本酒は登場させておりません。


なぜならその酒をいままでスゴく好きだった人の思いをあっけなくひっくり返してしまうからです。


個人的な会で行った事はあります。


ただし非常にプライベートな会で。


実際講習会では、いくら『暁』とか出しても、でも私のお好みは「ooooo」というのはよくあります。


比較してないからと、新しい酒質にまだ慣れていないので、見えてない部分がただただあるからです。


見えてない部分ですが、


私でさえ、ワインのテイスティングの練習において、何度も何度も日にちと場所をおいて練習します。


練習無しでの試飲。ましては初めて出会う酒質の場合は、そうそう直ぐには判断出来るものではありません。


テイスティングは自分の中での一定の判断基準が出来上がる迄かなりの時間を要します。簡単な事ではありません。


とくに日本酒の場合は「のどごし」で味わう部分と、料理に対しては「調味調」としての有用性をみるので、


吐き出すテイスティングはそもそもそぐわない。ということは色々な機会を設けて飲み込まなくてはならない。


実際私でさえ、『暁』を正しく理解するのに1年半はかかりました。


また全く新しい酒「元」も半年の付き合いですが、一昨日また新たな発見がありました。


ある意味、ワイン以上に理解するのに時間がかかる。それが日本酒です。


液体としてはシンプルかもしれませんが、だからこそ奥が深い。


だからこそ日本文化の粋なのです。


非常に時間がかかり、自分との問答が続き、だからこそ成長出来る正に『道』 - 『酒道』である。


ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 08:31Comments(2)仙台流『酒道』