スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年01月25日

NY酒道デビュー戦〜ワインブティックでイキナリ登場の巻



NYはトライベッカにあるスタイリッシュなワインブティック
拍手"New York Vintners"にてイキナリのデビューです拍手



さすがはNY。世界の偉大な醸造酒である日本酒もガンガン売っている新進気鋭のイケメン若手経営のワインショップです!



月に4回行われる日本酒講座は一回に40名と凄い大好評拍手

取り組みがワールドワイドです。さすがは人種のルツボです。

価値あるものには何の躊躇もなく好奇心剥き出しです!拍手



今回、NYのレストランでのジャーナリストやレストラン関係者との酒道ランチの手配から、

NYレストラン営業周りですっかりお世話になりました!

本日の人気日本酒講師でハーフジャパニーズのモニカさんです拍手



なんと!本日はギリシャ料理と日本酒のマリアージュをテーマに講義を行うというから、本当に怖いもの知らずです拍手

本日の料理を作るMr.クリスシェフはご機嫌にギリシャ料理を披露します拍手



そろそろ受講者集まってきました!本日は地元のジャーナリストやワイン愛好家、NYの日系人などあらゆる方々登場!



本日はモニカ先生により、アメリカで売られている日本の日本酒とアメリカ産日本酒の比較テイスティングあり!

桃川のアメリカ産日本酒、初めて飲んだのですが、割と飲めるんだな、と思いました。

なんと!6本目(一番右端)は勝山『元禄』拍手

実は『元禄』、NYでは知らない人はいないグランドセントラル駅の著名なオイスターバーや、ジャン・ジョルジュ、ソーホーハウス等、日本料理以外の人気店に実は根強い支持がありました!

ソムリエにアピールするお酒だったんですね!確かにパリでも大人気でした。

右端の琥珀色の液体が入ったグラスが『元禄』です。3年熟成です。(日本では松島の「むとう屋」さんだけで売ってます!)



今回シェフが作ってくれたギリシャ料理の前菜4種。

受講生の皆さんにもちょっとだけ酒道アドバイスさせて頂きました。

皿の左端のスムール(クスクス)は、「良く噛んで甘味が出てから日本酒と合わせると非常によくマッチします!」

受講生に教えると全員素直に従い、試し始めます。驚きの声が続々!!!!!

ニューヨーカーは素直な好奇心100%拍手



ここで、今度はスペシャルゲストとしてご紹介頂きまして、満を持しての登場です!!!



アメリカで手に入る日本酒を一通り味わってから、ANAの"Inspiration of Japan"で登場する次世代日本酒の試飲に入ります。

まず「献」でワイングラスによる次世代日本酒のテイスティングを伝授。

喉で旨味と甘味とアフターテイストの余韻を味わうという全く新しい流儀に皆、楽しんで取り組んでます拍手

次に『暁』遠心しぼり。最高純度の芸術と喉越しの圧倒的な素晴らしさに、

ニューヨークヴィントナーのオーナー、投資家、シェフ、スタッフ全員が仰け反って驚いてます!

最後は『元』純蜜薫酒。もうココまで来ると皆絶句です。圧倒的な勝山ANAトリオのハイパフォーマンス炸裂です!

ニューヨーカーの皆さんがあまりにリアクションが大きいので、私のボキャブラリーが足りない、かなり下手だけど押しの強い英語で何とか乗り切れました。


講義の後はNYヴィントナーの方々とディナー。

オーナーからは本日の日本酒講座は「凄かった!」との感想を頂き、

下手な英語でも大丈夫、発見と感動の提供こそが大切なんだと、大きな自信になりました。

実は今まで、ニューヨーカーは眼中にありませんでしたが、今回で考えは一変しました。

いや、むしろニューヨークこそ酒道普及に世界で一番ふさわしいのではないかと確信にまで至りました。

つまらない固定概念に縛られない自由や発想と、食事をより楽しくする新しいスタイルに非常に知的好奇心旺盛な気質。

そして素直にやってみようとする行動力とかわいいくらいに大げさなリアクションと、手応えが十分すぎるくらいの反応。

もう最高です!

しかも、今回はモニカさんからはじまり、今後の酒道の展開を支えてくれる地元のスタッフとの大きな出会いがありました!

世界にはもっともっと酒道を求める人々がいる。酒道でワクワクする人たちがまだまだいる!

今年は世界進出の年。自分の決意は固まりました!

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ  


Posted by 勝山 at 20:03Comments(3)仙台流『酒道』