スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年07月01日

パリ二つ星シェフとの出会い@札幌~其の一



パリの二つ星レストラン
"サンドランス"のシェフ、ジェローム・バンクテル氏
との出会い。


次世代のフランスを担う若手シェフで注目度No.1拍手

才能あふれる若手シェフの旗手であるジェローム氏、日本酒の古酒が大好きな大の日本酒通です。

そこで今回、一気に勝山『殿様酒』シリーズを一気飲みテイスティングして頂きましたicon09

そうそう有るか無いかの絶好のチャンス!!

"DIAMOND AKATSUKI 2008"も登場!

それにしても流石はスターシェフ!

フランス料理のシェフと日本料理界との圧倒的な貫禄の差を魅せます
icon09

ほとんどの日本料理店の反応は、特に高級酒、四合瓶で一本1万円や3万円ともなると、

「俺の料理に合わないから」とか、

「そうそう出ないから/売れないから」とか、

「料理を売る店だから」云々・・・・・・

格上の日本酒を見ると怖じ気づいて客の財布の心配ばかり・・・・

ネガティブオーラが漂います・・・・・face07


ところがジェロームシェフはというと、

テイスティングしながら、同時進行でSAKEに合う料理の溢れんばかりのクリエーションが始まります!

ポジティブオーラで一気に満たされます!

自分の料理にこの酒が合うか合わないかではなく、素晴らしい格上の酒との出会いは、

プロとしての好奇心を駆り立てる"絶好のクリエーションのチャンス"と捉え、

自ら進んで新しい道を切り開こうとする心意気が実に気持ちいい!

「自分の料理はもっともっと高い(何十万とか)ワインとも普段から合わせている」

「酒の仕入れで敢えて安くするような心遣いは不要!」

「自分の料理で新しい世界を表現して、パリのジャーナリストをはじめ食通の客を喜ばせよう!」


シェフ魂、炸裂です!!icon09

私はこういう、自分の世界を常に広げていく先に、自分自身と顧客の共通した喜びがあると確信しているシェフが大好きです!

しかも、格上の酒』には『最高の料理』でこそ素晴らしい世界が表現できると疑わないその姿勢、哲学には惚れ惚れします!

ジェロームシェフ曰く、

「『元』『暁』『DIAMOND AKATSUKI』の最高級の殿様酒以外は必要なし! トップクラスの『格』をご披露しよう!」と。


日本料理の料理界は世界において料理では一流と自負しているが、酒やサービスを含めた食のシーン全体や意識ではまだまだ二流であることを知らない。

日本が動かないなら、パリから動かすか!!icon09



  


Posted by 勝山 at 02:16Comments(0)仙台流『酒道』

2010年07月01日

渋谷酒道〜公界ライブ



さる26日土曜に行われました
渋谷"公界"での『渋谷酒道』ライブ
です拍手

写真にある丸いシャンデリアが"公界"のシンボル。

そして写真の右の黒シャツがオーナーの木村さん。相変わらずイケてます親指



『渋谷酒道』の神髄はズバリ!
「ワイングラスで味わい尽くす日本酒」
です
icon21



まずは、写真の三つの肴を味わいながらスタート拍手

写真左から、公界特製"HOYAノ塩辛"、"仙台勝山館 吟醸粕ソーセージ醤油焼"、"粕漬け焼き"

ワイングラスでの奥が深いテイスティングicon09

原料由来の香り発酵由来の香りの2つの香り。

世界最高の並行複発酵から醸される日本酒ならではの二重構造を嗅ぎ分ける広がりのあるテイスティング!

 - ひとめぼれ 特別純米 『縁』2009 火入れ

 - ひとめぼれ 特別純米 『縁』2009 ちょうど搾りから2ヶ月経過した"完全"無濾過生原酒

"火入れ"と、これぞ完全"無濾過生原酒"の味比べです。

特に搾りから厳密に2ヶ月経過した劣化熟香&酸のフレッシュさが売りの生原酒と火入れした健全な酒との比較。

次いで、

 - 山田錦 純米吟醸 『献』2009 火入れ

 - 兵庫県特A地区 トリプルA山田錦 『伝』2008 火入れ

お米の『格』と『精米歩合』の差を観るための味比べです。

日本酒の『格』の違いを発見する参加者の反応を見るのはいつもながら楽しいです!

で、最後は

 - 山酒4合 純蜜薫酒 『元』2009 火入れ

 - 兵庫県特A地区 トリプルA山田錦 『暁』 火入れ

現在の日本酒の進化した先にある『二つの頂点』を観るための試飲ですicon09

日本酒の進むべき道とその未来に触れることの出来るテイスティングです!



今回参加されたメンバーは皆、木村さんファンだけあって、好奇心全開系拍手

手応えバッチリ親指楽しい時間が過ぎていきましたOK

木村さん、大変お世話になりました。有り難うございます。

次回、仙台でのコラボ楽しみにしております!

  


Posted by 勝山 at 01:36Comments(2)仙台流『酒道』