スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年11月10日

牛肉&勝山



仙台食肉卸売市場にて仙台牛のセリに行ってきました。

みなさん〜!! 知ってますか!?

伊達政宗公はじめ伊達ノ殿様はお肉も大好きであったこと。

伊達政宗公から始まる肉食のDNAは仙台牛・宮城黒毛和牛への情熱へと継承されていることを。

そして仙台を代表するこれらの誇るべき肉質の牛たちは

ササニシキ・ひとめぼれといった美味しいお米のワラを食べていることを。

そしてそのことが、仙台牛特有の優しく溶けるクリーミーな風味を持つ脂になっていることを。

ここにも伊達政宗公のお米づくりへのDNAが見事に現代で結実していることを。

つまりお米を介して美味しい高級仙台牛・宮城黒毛和牛と日本酒には深いつながりがあることを!


という訳で、今後殿様酒と仙台牛・宮城黒毛和牛との日本で仙台でしかできない前代未聞のコラボレーションを実現させるべく!

まずはお肉の勉強です。




それにしても牛って大きいです。まるで谷間をぬって歩いているみたいです。



歩いて数分、やっと辿り着きました!『チャンピオン牛』



懐中電灯を照らしながら"サシ(脂味)"の入り方や赤身の色の深さ明るさをチェック

写真ではよく見えませんが、実際にはきめの細かい見事なサシと赤身の風合いでした。

本当にいい勉強させて頂きました。  


Posted by 勝山 at 11:35Comments(0)Modern酒道