スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年06月29日

『専門料理』に登場!



『専門料理』と言えば、プロが読む料理専門書の代名詞。

『別冊専門料理』"SPECIALITES 2011"(スペシャリテ 2011) P.54-55

『専門料理』7月号 P.4

の2冊にANA限定「SKYSHOP」機内販売品の勝山『元』と

今をときめくトップシェフの『元』に触発されたクリエーティブな料理とのコラボレーションが紹介!!



「SPECIALITES 2001」では、京都を代表するKEZAKOのフランス人シェフ、ステファン・パンテル氏とのコラボ



『元』粕と共にコンフィしたRALポーク
『元』のサバイヨン、コゴミと豆乳のニョッキを添えて


日本酒大好きなステファン氏曰く、

「個人的には日本酒は好きなので、これまでいろんな蔵元の酒を飲んできましたが、

こんな味わいは初めてです。料理とのマリアージュに関してもイマジネーションが膨らみますね。

今回は甘口ワインにはタブーとされる豚肉をつかってみました。

今回のアプローチのように、これまでは相性の悪い組み合わせと言われていた食材との新たなマリアージュが生まれるかもしれません。

料理人のイマジネーションを刺激する日本酒なので、ほかの料理にも合わせてみたいですね。」

私自身もこの料理で、『元』粕で真空低温調理された豚肉の風味と『元』のサバイヨンの見事なハーモニーと調和に、

すっかりフランシュ料理に自然に取り込まれ表現される『元』という素材の可能性にあらためて感動しました!

ステファンシェフ、もう〜最高です!!!!!



『専門料理』7月号では、新進気鋭ののりにのっている六本木の名店中の名店、エディション・コウジ シモムラの下村浩司シェフとのコラボ



『元』のイマジネーション
がちょうのフォアグラ、焦がしたパンと空豆、甘ネギ、『元』粕のソース


エッジの効いた鋭い感性の持ち主で有名な下村シェフ曰く、

「口に含んで感じたのは、完熟メロンの種のまわりの甘いシロップ部分のフレーバー。

米由来の甘味に富み、口の中に広がる旨味が印象的でした。

この甘味と旨味はフォアグラと好相性。

この組み合わせにアクセントとして効かせたのが、長時間発酵の旨味と酸味がある自家製パン、ソラ豆、ネギ。

いずれも焦がして香ばしさを出しているのがポイントですが、噛むうちに『元』が味を増幅してくれて、

素材が本来持っている甘味が強くなりつつ、『元』の甘味や旨味となじみます。

『元』は日本酒でありながら、ワインの酸味に通じるキレの良さも併せもつ、新しい日本酒です。

フランス料理の食中酒としてもマリアージュを無限に楽しめると思います。」

流石第一線のシェフ、『元』と香ばしく焼いたパンの相性を一発で見抜くとは!

しかもソラ豆とネギの香ばしい薫りで旨味の相乗効果を狙い、

更に『元』の米粒が多く残留しているところに着目し、粕のソースを食べて噛むたびにお米の甘味が口中に広がるソースになる!とこまで計算するという緻密な料理の組み立てに拍手〜拍手拍手拍手


一流シェフとの交流がこれほどまでに多くの発見と驚きが押し寄せてくるとは、もう〜お見事っ!!としか言葉が見あたりません。

ステファンシェフ並びに下村シェフ、挑戦の先にある新たな発見の数々を、どうも有り難うございました!



  


Posted by 勝山 at 07:47Comments(1)メディア

2011年06月26日

webLEON



webLEON

"空飛ぶトキメキダイニング"に、

脇屋シェフとの"ヌーベルシノワの薫りとMODERN酒道のエクササイズ"がちょこっと紹介されております。

なかなか睡眠不足で、ブログ更新が出来てないのでwebLEONのブログをどうぞ!

→ http://www.leon.jp/yuliyuli/110617_yuli-move

上記の"空飛ぶトキメキダイニング"を書いているyuri*yuri女史は、実は私のシャンパンの先生でもあります。
シャンパン先生のyuri*yuriのHP→ http://www.lililayuli.com/  


Posted by 勝山 at 11:42Comments(0)イベント

2011年06月18日

三越トークショー



父の日フェアで本日と明日の14時〜と16時〜からトークショーを行います!

場所:本館B1 ウィシェフ前特設会場

震災後も作り続けた蔵人の勇気と、400年ぶりに蘇った伊達ノ花果実酒の開発ストーリーについてお話しします。

是非、振るってご参加下さい。
  
タグ :仙台三越


Posted by 勝山 at 09:24Comments(0)イベント

2011年06月16日

三越『父の日』、奇跡の復興酒4Days



6月16日(木)~19日(日)の4日間(10:00~19:00)

仙台三越の「父の日フェア」の一環として、

仙台伊澤家勝山酒造の「勝山」震災酒(特別限定出品)をはじめ、

仙台勝山館の「勇気の出る炊き出しビュッフェ」において人気だった特製ビーフストロノガフ弁当と濃厚かぼちゃプリンに加え、

勝山館婚礼限定のロングセラーである吟醸酒ケーキ「酒仙」、鮮魚の勝山酒粕による酒粕漬など、

普段は存在しない三越限定商品を販売いたします。


(写真・文 : 仙台三越HPより)

3月11日の震災の直撃を受け、ライフライン断絶という絶望の中、

一日200回という余震に耐えに耐え、

「酒を救出する!」と、最後まで諦めずに挑戦し続けた、

まさに『奇跡の酒』5ラインナップに加え、400年の時を越えて復活する『伊達之花果実酒』紫蘇酒とゆず酒も初登場!!

絶対に諦めない!やり遂げる!強い意志が醸した本物の『復興酒』ここに推参!


人間は天災・人災から毎回必ず何かを学びとり、更に一歩前に踏み出し、長い歴史の中で進歩・発展・繁栄してきました。

災難から"七転び八起き"で逞しく乗り越える人間の強さとたくましさを実感して頂きたい。

復旧→復興を越えた、国酒の新たな発展の姿を垣間見ることが出来る希有な4日間となることでしょう。

  


Posted by 勝山 at 23:12Comments(3)イベント

2011年06月10日

大成功!ヌーベルシノワWAKIYAイベント

無事に終わりました。

ほんとうに無事に終わりました。

初のヌーベルシノワとのイベント、大成功でした。

私個人的な収穫としては、中国茶『凍頂烏龍茶』と『元』のマジック!

色と香りを変えずに味が!!不思議に変わる!!本当に見事ビックリでした。

また、中華料理ならではの、

『香りMIX技』という新展開の技が初登場!

一番好評だったのが、

お米と茶葉と砂糖でスモークする中国の燻製に対し、

掟破りの『三段薫技』が炸裂!

『暁』に胡椒→山椒→コニャック!!!!!

香が最も複雑な料理だけあって、これだけ合わせて初めて見えてくる素晴らしい口福がある!

凄い発見だった!

改めて中国料理の偉大さと奥深さを勉強させていただきました。

脇屋シェフはじめスタッフの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございます。

脇屋シェフのメニューがANA 成田→北米線(ホノルルを除く。期間:6-8月)でお楽しみ頂けます!
ANA『Plate Dining』
→ https://www.ana.co.jp/int/svc/jp/c/concept/11_meal/index.html
 
イベントの概要は、参加者のブログより、

オレンジページ編集統括 杉森氏のブログをどうぞ
→ http://orangepage.cocolog-nifty.com/orange/2011/06/post-9eb5.html  


Posted by 勝山 at 12:09Comments(1)イベント

2011年06月03日

挑戦!!ヌーベルシノワと酒道コラボディナー





ヌーベルシノワの旗手 脇屋友詞氏との初の中華×MODERN酒道の饗宴を行います。

勝山は伊達ノ心意気で「震災復興」ではなく、「震災発展」と、一歩進めてよりよい日本酒のステージと可能性を求めます。

私自身、震災後だからといって現状の成果に甘えるのではなく、自分自身にも大きな飛躍として一歩踏み出せるよう、

全く未知の、しかもヌーベルシノワの世界的パイオニアである脇屋氏こそ、

震災後の魂のチャレンジとしてふさわしいと考え、今回のコラボイベント開催の運びとなりました。

今まで一度も試したことのない「中国料理」、しかも一番エッジが冴える「ヌーベルシノワ」。

MODERN酒道的アプローチを考えれば考えるほど、夜も寝れなくなる位悩む。というか未だに悩んでます。

安易に東北の酒ならなんでもいいような現在の風潮に流されず、

なぜ日本酒でなければならないのか!という本質的な意義をちゃんと消費者に届けなければ、一過性のブームで終わる。

たからこそ東北が、宮城が、仙台が注目されている今、酒の世界観、酒のパワー、酒の真実の楽しみ、凄くインテリジェンス溢れるスタイリッシュだということを広く伝えたいという情熱が心からバシバシ溢れ出ています!

今回のテーマはズバリ『香り』。酒のパワーで中華ならではの素晴らしい『香り』にフォーカスを当てた、

今までない進化し洗練させたMODERN酒道をご披露します!

6月8日、18時受付 18時30分料理スタートなので、

日本酒の新しい可能性と世界観を垣間見たい人は、赤坂のWAKIYAにこぞって突撃してきてください。

※ご予約は直接WAKIYAまで、よろしくお願い申し上げます。




WAKIYA HP→ http://www.wakiya.co.jp/restaurants/ichiemi/

脇屋友詞(わきや・ゆうじ)
「伝統と創作」をモットーに、上海料理の技を軸とした洗練された料理で日本の中国料理界をリードしている。中国茶にも造詣が深く、メディア・著書でも幅広く紹介している。








  


Posted by 勝山 at 13:57Comments(0)イベント