スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年01月05日

長期熟成酒"頂上"対決!! 21年物古酒vs30年老酒


"てれまさむね"でおなじみの和田政宗くんとは仙台藩作法仲間。今晩は親の新居でマグロづくしの夕食会です。
政宗くんの後ろにはカワウソ勝平校長がいます。


そこで父が満を持して出してきたのが、勝山"元禄"平成2年21年物、3年20年物、6年17年物の生詰冷暗所貯蔵古酒(非売品)。

あのANAで稲妻のようにデビューした"元"の兄貴分の酒です。

この"元禄"、実は小泉先生、そして堀江先生という醸造界きっての大先生と父との「プロジェクトX」から生まれた酒でした。

日本酒の純度を極める"今"の勝山とは裏腹に、先代である父は日本酒の"長期熟成酒"を日本一極めておりました!


上記写真は平成2年物と3年物です。やばいくらいにキャラメリゼされたようなべっ甲色です。


ここで母が出してきたのが、平成5年物18年火入れ低温貯蔵古酒(非売品)!

更に深いべっ甲色が印象的です。でも色に雑味はなく落ち着いて澄んでいます。

香りは、蓋を開けた瞬間の香りはさておき、実に芳醇、濃厚、素晴らしい。やはり堂々の米と糀から発酵した日本酒の香り!

味の方も、色とは裏腹に、キレイにまとまったコクのある味と深い甘味が素晴らしい!

状態の良い5年物では"醤油"的な香ばしいニュアンスが印象的でした。


ここで父が、中国から買ってきた秘蔵のレアな30年もの高級老酒(ラオチュウ)を出してきました!

続いて上海万博記念の、それまた30年物高級老酒も参戦!


私の個人的な主観で言えば、

老酒は雑菌が多い雑多な環境下での製造プロセスから、

液体の見た目も雑に濁っている印象を受けます。、

また雑多な環境や製造工程による余計な酸味と雑味のため、まとまりと洗練に欠ける味わいとなってます。

製麹も精緻な造りでないために、十分な甘味のボリュームにかけ、上品な(値段に見合った)甘味や旨味が出ていない。

その点、日本酒の場合は、まず圧倒的なキレイな水、キレイな環境から作られていることは一目瞭然。

製造工程における作業の緻密さからくる味わいの完成度は言うに及ばず、

果たして日本酒の長期熟成酒に対抗しうる完成度の高さと洗練さを兼ねそろえた、

果たして支払った対価に見合うだけのクオリティーの高さ、信頼性、絶対性、希少価値が老酒があるのだろうか? 

あったら是非、飲んでみたいものである。

ちなみに高級中華料理とのマリアージュをした場合でも、確実に元禄の20年物は圧勝することでしょう!


あまりに老酒30年物が不甲斐ないので、

亮平先生秘蔵の沖縄の王様酒"守禮"1986年、実に26年物を持参!

父も"ちぶぐぁ〜"で呑むクースーの魅力にハマッてきた感じです。  


Posted by 勝山 at 23:16Comments(5)日本酒