2010年01月10日

焼き鳥『酒道』2〜ワインVS酒の巻

焼き鳥『酒道』2〜ワインVS酒の巻

久々のワインvs日本酒レポートです。

テーマは『焼き鳥』

といっても、白くま社長が買ってきました宮崎県産地鶏の無添加炭火焼きのパックで勝負!

白くま社長の家のキッチンが決闘の場。

で、まず無添加の地鶏の炭火焼きですが、

無添加と言うより、スス添加じゃないの?というぐらいススが多い焼き鳥です。

そのままだとススが邪魔するので、一工夫。

くま社長秘蔵の350mlで一本6千円もするイタリアはモデナで購入したバルサミコ酢で和えちゃいました。

するとどうでしょう! ススが洗い流され、鳥ダレの風味が広がります! さすがバルサミコ! イタリア万歳です。

焼き鳥『酒道』2〜ワインVS酒の巻

今回のワインはイタリア有数の名醸地、トスカーナの赤ワインが登場!

バルサミコ酢がかかっているので、かなりワインに分がありそうです。

ところが、取りダレと、果実味が十分ある濃厚な香りとが反発し合います。

バルサミコ酢をかける前後で試しましたが、確実に反発し合います。

おっと!日本酒有利か!?

で、日本酒はというと、焼き鳥の後飲む日本酒の旨味よりも遙かに多い焼き鳥の旨味が酒の味をマスキングして、

日本酒のアルコールしか感じません!!!

※今回使用の戦勝政宗は新酒です。火入れをしてから一ヶ月はたっているので火冷め香はしておりませんが、フレッシュさはあるものの、まだ味が十分のっておりませんので、このような結果になったと推測できます。

おっと日本酒不利か!

ところが焼き鳥を食べた直後の赤ワインは素晴らしい! 

ここに来て赤ワインが有利か!

ここで整理します。

焼き鳥を食べる前に飲むのは日本酒が有利。

口に入れた際の旨味伝導率が遙かにUPします。炭臭さもキレイに落とされております。

焼き鳥を食べた直後は赤ワインが圧倒的に有利。



今回の白くま社長宅での対決の行方はいかに!


パックのススの香りが強い無添加焼き鳥の場合。

1)まず、日本酒で口内をクリーニング&リンスして、口内のコンディションを整え、旨味伝統率を高めておきます。

2)焼き鳥を口に入れ、良く噛んで、十二分に旨味を味わいましょう!

3)食べた後は直ぐに赤ワインです! 焼き鳥の風味を倍加し、脂とススを切ってくれます。

4)1)に戻る

今回の発見は日本酒とワインの共同作業が焼き鳥をファンタスティックにする!でした。

ポチッとご協力お願い申し上げます→ 人気ブログランキングへ



同じカテゴリー(仙台流『酒道』)の記事画像
藤巻幸夫氏!
ホテルマン酒道講座
上杉山酒道レポートUPされました!
Diamondテイスティング
上杉山酒道ライブ〜センダイ自由大学
パリ二つ星シェフとの出会い@札幌~其の二
同じカテゴリー(仙台流『酒道』)の記事
 上杉山酒道第2回講義ご案内 (2010-08-12 12:25)
 藤巻幸夫氏! (2010-08-02 16:51)
 ホテルマン酒道講座 (2010-07-31 19:21)
 上杉山酒道レポートUPされました! (2010-07-22 22:39)
 Diamondテイスティング (2010-07-09 11:12)
 上杉山酒道ライブ〜センダイ自由大学 (2010-07-07 22:01)

この記事へのコメント
今度、私が経営に携わっている大阪の本物の炭火地鶏料理店でやってみます。

ただ、そんな高級なワインは手に入りませんし、戦勝政宗も無いので縁か献での戦いになると思います。

決戦場所は「大阪・但馬地鶏 炭のあかり 北新地」でやります。http://r.gnavi.co.jp/k403900/

但馬地鶏だけじゃなく、名古屋コーチン・霧島地鶏・薩摩地鶏の炭火焼きも楽しめる、北新地では少し有名な地鳥専門店で関西に系列店が五店舗ありますので、蔵元の度肝を抜く酒道を披露したいと思います。

ちなみに、焼肉酒道は完璧に私がマスーターしていますので、B級グルメの本場関西人の私が焼鳥酒道も完璧にマスターさせて頂きます(^0^)
Posted by 西日本サポーター at 2010年01月10日 23:26
ワインは小売価格で1500円〜3800円くらいでいいでしょう!

日本酒は今の『縁』は新酒なので、味ののってる『献』でお願いします。

あと、タレを酒割りダレにするとか、つくねの黄身を酒でのばしたり、鳥スープでダシ酒したりと、やりたい放題ですよ!

また炭火で焼いた野菜に塩をかけて、それをお酒に漬けて食べるのもよし、またその酒も塩味が利いて美味しかったりと、いろいろと楽しめます。

焼き鳥酒道!期待しております。頑張ってくださいね!
Posted by jihei at 2010年01月11日 00:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
焼き鳥『酒道』2〜ワインVS酒の巻
    コメント(2)