2010年05月23日

大阪ABC『酒道』放映の巻

2010/05/10/ Monday 放送の内容抜粋です!

報道番組『ゆう+』にて紹介されました。
→ http://webnews.asahi.co.jp/you/ 「勝山」で「ゆう+」内検索をすると出てきます!

テーマはズバリ!『日本酒復権に向け、世界へ』

日本酒離れが進む中、何代にも渡り伝統を守り続けてきた蔵元が、生き残りをかけて大きな決断をしました。時代の流れにあった経営が求められる今、日本酒の魅力を伝えるために目をつけたのは、『海外進出』でした。
■生き残りをかけた蔵元たち


伊澤「『酒道』の話をさせていただきます。料理と日本酒をどう楽しむかです」
宮城県で300年以上続く勝山酒造。12代目の伊澤治平さんが、集まった人たちに向けて熱く語る「酒道」とは・・・。
【勝山酒造12代目 伊澤治平副社長】
大阪ABC『酒道』放映の巻

「伊達政宗公がいた時代の殿様の楽しみ、流儀を、今風にリバイバルして日本酒をプレゼンできるように取り組んでいます」
かつて、葡萄や菊といった花や果実を混ぜて楽しんだという殿様酒。今風にアレンジしたジンジャエールとの組み合わせは、まるでカクテルのようです。
大阪ABC『酒道』放映の巻

【飲んだ人たちは・・・】
「飲みやすさにビックリしました」
「今まで経験したことない」
伊澤「お酒をスプーン2杯分、醤油に入れてください」
日本酒は、飲むだけではありません。日本酒で割った醤油に刺身をつけると、口の中で魚の臭みが消えるといいます。
他にも、そのまま調味料のようにかけたり、出汁で割ったりと、日本酒は様々な場面で活躍します。

【勝山酒造12代目 伊澤治平副社長】
「日本酒本来のパフォーマンスと、素晴らしさをちゃんと伝えていければ・・・。日本人は世界一の味覚を持っているので、必ず皆さんわかると思います」

~中略~
大阪ABC『酒道』放映の巻
あの伊達政宗公も愛したという勝山の蔵『勝山酒造』。酒道を広めるため活動していた伊澤さんも、経営方針を大きく転換させたひとりです。

【勝山酒造12代目 伊澤治平副社長】
「純米酒だけの本物の酒を造ろうということで、商品も絞り込んで、力が出せる体制作りをしようと思ったのが一番のきっかけです」
大阪ABC『酒道』放映の巻

まず、50種類ほどあった商品を廃止し、新商品4種類で勝負することにしました。
【勝山酒造・副会長 伊澤平蔵さん】
「『営業的に大丈夫かな?』という意見はありましたが、酒を造る側としては、種類を絞れば絞るほど品質が良くなるので大歓迎でした」
通常、酒と酒粕を分ける作業は、酒袋に入れて圧力をかけて絞ります。
抽出されたままの味を保つために新たに導入されたのが、日本に11台しかないという遠心分離機です。
大阪ABC『酒道』放映の巻

【勝山酒造・副会長 伊澤平蔵さん】
「洗濯機の脱水層をイメージしていただくとわかるが、一番比重の重たい酒粕が外側にきて、内側に酒が残ると・・・」
酒袋に香りが移ることなく、本来の香りを保つことができます。
酒の種類を厳選したことで、こだわりの酒造りが実現しました。
【勝山酒造12代目 伊澤治平副社長】
「個人的にはイタリアンが非常に合います。『パスタには日本酒宣言!』みたいな」

日本料理に合うのは当たり前。
素材の良さを生かす点が共通するイタリア料理は、日本酒との相性が抜群。他にも、フレンチや中華にも合う万能酒に仕上げました。

大阪ABC『酒道』放映の巻
これに目をつけたのが全日空でした。
【勝山酒造12代目 伊澤治平副社長】
「全日空の長距離国際線。ニューヨークから始まって、ヨーロッパの方も4月19日にスタートしました。日本人にしかない素敵な部分をフォーカスして、日本の良さを世界に発信できれば・・・」
伊澤さんの指導を受けたキャビンアテンダントが、機内で色々な飲み方を提案。空から日本酒のアプローチが始まりました。
大阪ABC『酒道』放映の巻

【勝山酒造12代目 伊澤治平副社長】
「『消費量が減っている』というだけでなく、お客さんに『こうすれば、もっと楽しくなる』と伝えれば、皆やるはずです。世界中のレストランに日本酒が置かれる時代を作ろうと思います」

生き残りをかけ、動き出した蔵元たち。次世代の可能性を模索しながら、日本酒復権を目指します。

以上。

今回は大阪のスタッフの方々、仙台までわざわざご足労頂き大変ありがとうございました。



同じカテゴリー(仙台流『酒道』)の記事画像
藤巻幸夫氏!
ホテルマン酒道講座
上杉山酒道レポートUPされました!
Diamondテイスティング
上杉山酒道ライブ〜センダイ自由大学
パリ二つ星シェフとの出会い@札幌~其の二
同じカテゴリー(仙台流『酒道』)の記事
 上杉山酒道第2回講義ご案内 (2010-08-12 12:25)
 藤巻幸夫氏! (2010-08-02 16:51)
 ホテルマン酒道講座 (2010-07-31 19:21)
 上杉山酒道レポートUPされました! (2010-07-22 22:39)
 Diamondテイスティング (2010-07-09 11:12)
 上杉山酒道ライブ〜センダイ自由大学 (2010-07-07 22:01)

この記事へのコメント
この番組視ました!

そして、勝山(伊澤)さんが阪神梅田の地下で試飲販売の時に10,500円の暁を買いました。
着物姿の粋な兄ちゃんで、熱く語ってくれてましたが僕の事なんて覚えてませんよね(笑)
暁は近年稀に見る、とても綺麗な旨味のある酒でした。
今は、大阪の百貨店で勝山を見かけませんが世界に飛び立っていたなんて!

この番組に、他の酒蔵も出ていたような・・・?
でも勝山(伊澤)さんが目立ち過ぎていて、他の酒蔵は霞んでましね↓

それにしても斬新な日本酒の飲み方に天晴れでした!

これからも勝山(伊澤)さんのblogにちょくちょくお邪魔します。

今度、全日空に乗るので楽しみに勝山を呑みたいと思っています。
Posted by 日本酒愛好家タイソン at 2010年05月23日 23:25
タイソン様

コメントありがとうございます。
やはり「天下の台所」大阪で認められるのは本当に嬉しい限りです!

しかも試飲会の際では、弊社のスタンダードである特別純米『縁』を、
『おにいちゃん、これ安すぎるわ!』と、大阪のお姉様方にお褒め頂いたのは凄く嬉しかったです。

試飲会や日本酒の会でも『勝山』は本当に好意的に受け止めてもらえており、今では私自身大阪に行くのがひとつの楽しみになっております。

是非ANAにお乗りの際はANAオリジナル『元』をお試し下さい。
Posted by 勝山勝山 at 2010年05月23日 23:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大阪ABC『酒道』放映の巻
    コメント(2)