2013年05月13日

世界一のレストラン

世界一のレストラン
The World's Best 50 resutaurantsの2013年度が発表となりました。

以前ブログでも紹介いたしました勝山で一番既存の日本酒らしい純米大吟醸「伝」を導入したスペインの三つ星レストランですが、
実は新日本酒の代表格、濃蜜薫酒「元」を導入していた、との連絡が入りました。

勝山の新日本酒 濃蜜薫酒「元」を導入した、
El Celler de Can Roca は、今年見事に世界第一位に輝きました。

日本酒の世界的長所であり、日本が世界に誇る発酵文化の原点である"糀(こうじ)"にフォーカスし、
ブドウ糖の芸術的甘味の魅力を最大限に高め、洗練させたことで世界第一位のレストランに選ばれましたことは、
"酒質設計"こそが日本酒にとって「要」であることを実証できた!ということを改めて実感しており、誠に感無量でございます。

勝山は2009年より、世界中の美食のテーブルにおいて、フルコースでこそ力を発揮する酒の酒質設計に取り組んでおり、今回はこの努力が結実した!と思う次第でございます。

今回のカンロカに始まり、先月からシンガポールの新旧を代表するホテル、ラッフルズホテルとマリーナベイ・サンズと、次々と導入されております。

勝山が追求している「フルコースに合う酒質設計」とはまず、あらゆる最高級のフルコース料理の一品一品における最新の調理理論から逆算して、理想の酒質を設計します(と言いましても、私はコンセプトやデザインだけで、実現するのは後藤杜氏なのですが・・・)。宮城調理製菓専門学校の校長 勝平より進められた最新料理の本を常に読み解いております。

今年もいくつもの課題がまだまだ山積みで、一つ一つ試験しながら進み、また出来上がった酒は氷温貯蔵の熟成具合を見ながら更に酒質の具合を観ていく、まだまだ長い道のりの途中です。

-----------------------------------------------------------------------------------
今年も開催決定!
Sake Competition 2013

HP→ http://www.hasegawasaketen.com/news/2013/04/sake-competition2013.html
6月30日夜、東京プリンスで飲んで美味い酒No1.が決まる!



同じカテゴリー(ミシュラン)の記事画像
ミシュラン三つ星&世界第2位に導入されました!
同じカテゴリー(ミシュラン)の記事
 国酒の海外戦略 その2 (2013-11-07 01:04)
 ミシュラン三つ星&世界第2位に導入されました! (2013-04-17 19:08)

この記事へのコメント
世界第1位のレストランに選ばれたこと
おめでとうございます。

さらっと書きましたが、世界1って凄いことですよね。
やはり、美味しいお料理には美味しいお酒が必要。
お料理を引き立て、尚かつ、そのお酒も旨い・・・最高ですね。

茶 銀座 、行ってきました。
テーブル席ではなく、長椅子仕様が、とても落ち着いて寛げました。
11日は、母の日特別メニューで、
カーネーションをイメージしたカクテルでした。
お茶は、まあるくて甘くて、水の良さがあってのお茶だと感じました。
また行ってみたい、と思いました。

それから、あのお花見酒、父に持っていきました。
私は運転があるので飲みませんでしたが、
香りを楽しみました。
父も「この酒は何だ?うまい。}と
喜んでくれました。
良いトキをありがとうございました。
Posted by rinRin at 2013年05月14日 21:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界一のレストラン
    コメント(1)