2010年12月05日

正真「仙台酒」〜仙臺 驛政宗の巻



正真正銘これぞ仙台の酒と胸を張れる日本酒の誕生です!

その名も「仙臺 驛政宗」
(せんだい えきまさむね)


仙台駅から、仙台人として胸を張ってオススメできる!

新しいお土産がリリースされます。

仙台駅 × 酒販店(むとう屋) × (仙台泉区JA + 泉ヶ岳の水) × (伊達家御用蔵 + 泉ヶ岳の水) = 『仙臺 驛政宗』

12月3日に宮城テレビ「オーバンデス」にて誕生秘話が紹介され、

なんと!!4日発売当日の午後過ぎには完売してしまった!!!

味は仙台伊達家の流れを汲んだ『武家好みの芯の強い旨口』

江戸の本石米(本穀米)として一世を風靡した米の産地としての誇りを懸けた『新米の炊きたての芳香素晴らしい原料由来のアロマ』

湧き出る泉が美味ゆえに泉ヶ岳と讃えられた、酒造りには史上最強の泉ヶ岳の伏流水の『透き通るキレイな喉ごし』

仙台城下町、武家の屋敷林(杜の都の語源)を連想させる『品と格を兼ね揃えた洗練』

とても素晴らしい日本酒が出来上がりました!

仙台駅の中で呑んで買えるという幅広いお客様に呑んで頂くお酒なので、やや辛口(日本酒度+5)の酒質設計に致しました。

仙臺 驛政宗プロジェクトでは、勝山を代表して私の兄の平蔵ぞうさん会長が全身全霊を懸けて取り組みました。
(私は酒質設計と出荷管理、ラベルの材質・デザイン指導を行いました)

これからも仙台、仙台駅のお土産として是非とも御贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。


仙臺 驛政宗のプレスリリース→ http://www.jr-sendai.com/doc/101125-4.pdf

東北総合サービス(株)HPからの紹介→ http://www.jr-tss.co.jp/index_ekimasamune.shtml



同じカテゴリー(勝山地元紹介)の記事画像
シンガポールの日本紹介番組出演!
勝山「鶏」専用酒、出撃〜!
仙台雑煮の正体とは!?
伊達家御用蔵発祥の地ツアー
可愛いと怖いお話
同じカテゴリー(勝山地元紹介)の記事
 シンガポールの日本紹介番組出演! (2014-02-14 09:37)
 勝山「鶏」専用酒、出撃〜! (2014-01-31 10:51)
 "さくら城"春を告げる幻の城 (2011-04-26 07:13)
 仙台雑煮の正体とは!? (2011-01-03 19:56)
 伊達家御用蔵発祥の地ツアー (2010-10-03 20:48)
 可愛いと怖いお話 (2010-07-03 19:23)

この記事へのコメント
『HO!バンです』で見ましたよ!

皆さん絶賛で、これは当日売れ売れかなと思ってましたら!
完売ですか!おめでとうございますm(__)m

仙台駅でしか販売しないという事なので、今月中旬に醇泉でランチを予約したのでその後に駅前に行ってみようかと思います。
(なかなか駅前に行かないもので(;^_^A )

年末にかけてますますお忙しくなると思いますがお体ご慈愛下さいませ。
Posted by yayoi at 2010年12月06日 01:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
正真「仙台酒」〜仙臺 驛政宗の巻
    コメント(1)